明治時代の熊本を知る、ガイドブック「明治の熊本」

KUMAMOTO MEI J I 150th 8 10 2 6 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 加速していく時代の流れ 激動のくまもと 近代日本、最大にして、最後の内戦 冨重写真所 明治4~5年頃撮影 焼失前の熊本城 太平 の 眠 りから 覚 めた 熊本の若者達 は 世界 へ 想 いをはせた! 熊本 の維新は 明治3年 から 始 まった。 (1868 年~ 1912 年 ) 明治の熊本の歩み  慶応3(1867)年10月。歴史を大きく動かした「大政奉還」。  武士の時代は終わりをつげ、新政府によって新たな時代が幕を開けました。そして、150 年前の慶応4(1868)年9月、日本は明治に改元し、近代国家への歩みを踏み出します。  江戸幕府の治世は終わりを告げましたが、幕末の争乱はまだまだ続き、新しい時代と 古き時代の葛藤がありました。そんな中、熊本は明治3(1870)年になって、やっと新しい時 代の波に乗り出しました。  矢継ぎ早に新しい施策が打ち出されます。重要視されたのは人づくりでした。私たち の先人は「まちづくりは人づくりから」と、全国に先駆けて「熊本洋学校」「古城医学校」 などを作り、その後の日本に影響を与える人材を多く輩出しました。  大きく動く時代の波。政府の進める急激な近代化・中央集権化に、不満を抱く人もで てきました。古き武士の伝統を重んじる人々により、各地で反乱がおきました。熊本でも「神 風連の変」が起き、明治10(1877)年には、薩摩の西郷隆盛を首領にした国内最後の内戦 「西南戦争」の火蓋が切られました。熊本県内が広範囲にわたり戦乱の地となりました。熊本 市は激しい戦火により焼け野原と化し、県内各地に傷跡を残しました。  それでも熊本は明るい未来に向けて、目覚ましい復興を遂げます。名もなき人々も家屋を 再建し商売を再開、また国も多くの機関を熊本に設立し、九州一の大都会へと変貌してい きます。中学校令により全国5か所に高等中学校が設置されます。仙台、金沢に次いで、明 治20(1887)年には、九州で初めて熊本に第五高等中学校(のちの第五高等学校)が設立。教 師生徒ともに多くの優秀な人材が熊本に集まり、熊本に大きな足跡を遺しました。  熊本の明治時代は激動の幕開けを経て、大きく発展してきました。その基となったのは新し い時代の荒波に勇気をもって乗り出した若者等、先人達の熱い 思いのおかげかもしれません。そんな、今の熊本の礎を築いた、 「明治の熊本」を振り返っていきます。 さい ごうたかもり 江戸時代の蓄積が明治に花開く 維新の夜明け前~横井小楠の活躍~ 熊本の維新 15 18 21 ・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 急ピッチで動き出した復興 復興は人づくりから 教育に熊本の未来を託す 経済の維新は鉄道によってもたらされた 熊本の明治遺産 25 26 28 明治 150 年イベント情報 「明治の熊本」関連スポットマップ 熊本明治 150 年記念フォトラリー ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・ 幕末から 明治8 (1875) 年 明治10 (1877) 年~ 明治9 (1876) 年~ 明治10 (1877) 年 ※徳冨蘆花著「竹崎順子」1923 ※ 1

RkJQdWJsaXNoZXIy NDU4ODgz