明治時代の熊本を知る、ガイドブック「明治の熊本」

様々な西洋の学問を教えてくれたジェーンズ。赴任してから3年ほど過ぎた明治7(1874) 年頃からジェーンズ邸に有志を集めて聖書研究会を始めます。キリスト教を知った学生たち は、回を重ねるごとに関心を高め、生徒はしだいに増えていきます。それと同時に、キリスト 教に反発する生徒も結束していきました。 そして、明治9(1876)年1月30日の早朝、生徒達は花岡山に登り、祈祷会「天拝会」を開 き、キリスト教をもって祖国を救うという主旨の奉教趣旨書に署名誓約しました。「花岡山の 誓い(バンド)」です。誓約には35名の者が署名しました。その中には、徳富猪一郎(蘇峰)の 名もありました。 キリスト教禁制の高札が撤去された直後とはいえ、この出来事に驚いた当局は、その年、 ジェーンズの招聘期限が切れると同時に洋学校を廃校としました。日本を離れる前に、ジェーン ズは奉教を表明した生徒たちをアメリカン・ボードの宣教師に依頼して、新島襄が創立した同 志社英学校(京都)へ転校できるよう下地を作ります。同 志社へ入学した生徒達は本格的にキリスト教を学び ました。宣教師から熊本グループの意味で「熊本バンド (同盟)」と呼ばれたのがこの名の始まりで、「横浜バン ド」や「札幌バンド」とともに、日本三大バンドとされ、 日本プロテスタントの源流の一つに数えられています。 キリスト教への入信  明治9(1876)年、明治維新後、急速に欧米化する政府と、日本古来の伝統や文化の崩壊 を憂慮した「敬神党」によって、「神風連の変」が起こりました。「神風連」は熊本市南区内田町 にある新開大神宮の宮司・旧熊本藩の士族であった太田黒伴雄を首領とする志士の集まり で、神道と尊皇を重んじ、自らを「敬神党」と呼んでいました。加屋霽堅ら約170名によって 結成された「敬神党」は、廃刀令などに反対し、熊本鎮台を襲撃します。それがのちに「神風連 の変」といわれる事件です。この事件に呼応するように秋月の乱、萩の乱等、各地で士族の 反乱が発生し、翌年の西南戦争へとつながっていきます。 激動の幕開け「神風連の変」 激動 の くまもと 加速していく時代の流れ 熊本市街地を一望できる展望スポット。熊本 バンドのゆかりの地。この場所に、ジェーンズの 教え子であった、徳富蘇峰や海老名弾正(え びなだんじょう)ら生徒35人が集まり、キリス ト教信仰を誓いました。「熊本バンド・奉教の 碑」が建てられています。 ■ 熊本市西区春日4丁目45 花岡山 室町時代に創建され、加藤清正(かとうきよ まさ)が再興し、細川家の保護を受けて幕末 に至りました。明治維新を迎え、宮司であった 太田黒伴雄を中心に敬神党が結成されました。 日本古来の伝統や文化を守るべく「神風連の 変」が起こります。 ■ 熊本市南区内田町1266 新開大神宮 現在も花岡山山頂では、「熊本バンド」の結成を記 念する早天祈祷会が毎年1月30日に行われている。 (写真:熊本YMCA提供) 「神風連の変」で敗れた志士たちの霊が眠る桜 山神社の境内にある資料館。信仰を重んじ、王 政復古による日本古来の神道に基づいた政治を 目指そうとした「神風連」の重要な資料や貴重な 遺品が展示されています。 ■ 熊本市中央区黒髪5-7-57 神風連資料館(桜山神社境内)  これまで「刀」で「国を護る」ことが勤めだった武士が、廃刀令によって 「刀」を捨て、断髪令によって武士を辞めろといわれることは、日本そのもの を捨て去れといわれているようなものでした。日本の危機を感じた彼らは、 日本らしさや武士の魂を守るべく旗をあげ、古来の刀槍の武器をもって近代 火砲を装備した熊本鎮台に攻め込んでいきました。 小話 其 の 参 神風連が守りたかったもの 関連スポット にいじまじょう ※ ※キリスト教海外伝道団体 とく とみ い いち ろう おお た ぐろ とも お しん ぷう れん か や はる かた 太田黒伴雄 9 8

RkJQdWJsaXNoZXIy NDU4ODgz