明治時代の熊本を知る、ガイドブック「明治の熊本」

日本の鉄道は明治5(1872)年に新橋と横浜間で営業を開始したことが始まりです。そ の後、横井小楠の弟子であった安場保和が福岡県令になり、九州鉄道が設立され、福岡か ら三角までの鉄道が計画されました。そして、明治22(1889)年に博多と久留米間が営業 開始し、明治24(1891)年に熊本まで開業しました。  JR九州三角線は、宇土駅から三角駅までの鉄道路線です。当時は九州鉄道株式会社が 敷設した私鉄として明治32(1899)年 に開業しました。開業当時は門司~三角間 が本線で、現在本線である宇土~八代間 は支線としての位置づけでした。当初、三 角線は筑後の石炭を三角西港まで運ぶた めに路線が作られる計画でしたが、難工 事のため現在の三角東港口に変更され、 石炭運搬の計画は頓挫したそうです。  三角線のほぼ中間地点にある網田駅 は、明治32(1899)年開業当時の駅舎 がそのまま残っており、県内最古の現役 の駅舎として当時の様子がうかがえま す。現在の三角線は観光列車も通り、天 草への観光ルートとしても人気を集めて います。 熊本県内最古の駅がある「三角線」 経済の維新は鉄道に  よってもたらされた 急ピッチで動き出した復興  明治政府は九州縦貫鉄道の建設を決意します。八代~人吉~鹿児島間の内、特に人吉~鹿 児島間は難所が多く、トンネルや橋、急勾配を克服するための日本初のループ線やスイッチ バックなど難工事が計画され、国を挙げての大事業でした。財源不足などもあり、鹿児島側か らの工事は明治32(1899)年に、八代側からは明治34(1901)年に工事が始まり、明治41 (1908)年にやっと八代~人吉間が開通。そして、明治42(1909)年、門司(現門司港)から 最大の難所「矢岳越え」により鹿児島本線開通 日本初で唯一のループ線の中にスイッチバッ クを併せ持つ駅。蒸気機関車のために設けら れた信号所と給水所の役割を担った場所。給 水塔や機関士達が顔や手を洗える洗顔場が 残っています。 ■ 人吉市大野町 大畑駅 鉄道博物館。館内にはミニトレインが走り、肥薩 線の歴史が学べるスペースがあります。プラ レールやレイルバイク等、鉄道好きにはたまら ない子どもも大人も楽しめる施設です。 ■ 人吉市中青井町343-14 人吉鉄道ミュージアム MOZOCA (もぞか) ステーション868  熊本県内最古の駅舎。現在もJR九州三角線 の駅として地域住民の通勤通学や日常生活に 利用されている現役の駅舎です。 ■ 宇土市下網田町2097-2 網田駅 鹿児島間が人吉経由で全通し九州の南北が鉄道で 結ばれ、「鹿児島本線(現肥薩線)」が誕生しました。 このことにより、青森県から鹿児島間の当時の日本縦 貫鉄道が完通しました。  人吉から吉松の間にある大畑駅には、肥薩線工事 で犠牲になった殉職者の慰霊碑が建てられていま す。当時の難工事に挑む過酷さがうかがえます。大畑 駅には、当時のSL用の給水塔も残っています。蒸気 機関車は、多量の石炭を消費し、ボイラーには常に大量の水を送り続けなければいけませんで した。人吉駅から連続した急勾配を上り続けたD51型蒸気機関車に、次の勾配に備えるため にここ大畑駅で給水をしていました。また、この駅は洗顔場が設けられていました。列車が運行 することで人も物資も大量に運ばれ、熊本の近代化が急ピッチで進んでいきました。 関連スポット 関連スポット やす ば やすかず おう だ えき や たけ ご おこば えき おこば えき 大畑駅スイッチバック 19 18

RkJQdWJsaXNoZXIy NDU4ODgz